抜け毛に良い食事と悪い食事があるって本当?薄毛を防ぐための食生活!

不規則な生活スタイルや、行き過ぎたダイエット等、生活習慣の乱れが、薄毛や抜け毛の一つの要因になっています。

したがって、食生活を見直すことは、髪を美しく保つためにはとても大切です。
薄毛や脱毛に良い食事とはどのようなものなのでしょうか?

髪の主な成分はケラチンというタンパク質です。
食事でタンパク質を摂取すると、体内でアミノ酸に分解され、ケラチン等のタンパク質に再合成されます。

ケラチン合成のためには、豆類や魚といった上質なたんぱく質はもちろん必要ですが、ビタミンやミネラルも欠かせません。

皮膚を健康に保ち、抵抗力を高めるビタミンAは、うなぎやニンジンに多く、血行を良くして、ホルモンバランスを整えるビタミンEは、ナッツ類やゴマ、アボガド等に多く含まれます。

ほうれん草やレバー、ひじき、プルーンに含まれる鉄分も髪の健康には重要です。

鉄分は緑黄色野菜やイチゴなどのビタミンCと一緒に摂取すると吸収率がアップします。

そして、海藻類などに含まれるヨードや、牡蠣に代表される亜鉛も髪の育成には大切なミネラルです。

一方、髪の健康のために控えたい食べ物は、肉や揚げ物などの脂っぽい物、塩辛い物、糖分です。
このような食品を多く取りすぎると、脂分が過剰に分泌され、頭皮の状態が悪くなります。

また、タバコも吸い過ぎると、血管が収縮され、頭皮の血行が悪くなります。

したがって、薄毛や抜け毛を防ぐためには、このような髪に悪影響を及ぼすものを生活から遠ざけ、髪に良い食品をバランス良く毎日取り入れる事が大切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


このページの先頭へ