中年以降の女性に多い?脱毛症にも色々なタイプと原因が!

「髪は女の命」と言われるくらい大切なもの。

したがって、薄毛や抜け毛は女性にとって、とても深刻な問題です。

数多くの女性が脱毛症に悩まされています。

一口に脱毛症と言っても、様々なタイプと原因があります。

一般的に多くの女性にみられるのが、「びまん性脱毛症」です。

「びまん」とは「広い範囲に広がる」という意味で、毛髪が全体的に抜けて薄くなります。

中年以降の女性に多い症状で、原因は主に老化やストレス、生活習慣の乱れなどです。

出産後、抜け毛が増加するのが、「分娩後脱毛症」です。

一般的には、産後6カ月から1年程で症状は落ち着き髪も元に戻りますが、最近は、高齢出産などで、トラブルが長引き、なかなか回復しない方も増えています。

原因は、女性ホルモンのバランスの変化による、ヘアサイクルの乱れです。

妊娠中女性ホルモンの分泌が増加し、ヘアサイクルの成長期が伸び、抜け毛が減りますが、出産後は女性ホルモンの分泌が元に戻るため、ヘアサイクルが一気に休止期に入ります。

そのため、抜け毛が増加してしまうのです。

いつも同じ髪型ばかりで、頭髪が継続して引っ張られる状態が続くと「牽引性脱毛症」を引き起こします。

回復させるためには、頭皮に負担のかからない髪型にすることです。

「批糠性(しこうせい)脱毛症」は乾燥したフケを伴う脱毛症です。

洗髪のし過ぎや洗浄力の強いシャンプーを使用して皮脂を取り過ぎるために起こります。

その反対に、「脂漏性(しろうせい)脱毛症」という症状があります。

過剰に皮脂が分泌されることによって、頭皮に炎症を起こす脱毛症で、主な原因はホルモンバランスや生活習慣の乱れです。

食生活の見直しや、正しいヘアケアで頭皮を清潔に保つことが改善に繋がります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


このページの先頭へ