出産後抜け毛・薄毛に悩む女性が急増!女性ホルモンがヘアサイクルに与える影響とは?

出産後、抜け毛や薄毛に悩み、専門家に相談に訪れる方が増えてきているそうです。

女性が妊娠すると、体内の女性ホルモンの分泌量が変化します。

それが、出産後の抜け毛や薄毛の原因と言われています。

髪の毛の成長には、細胞分裂が活発になり髪の毛が成長する成長期、細胞分裂が弱まり髪の毛の成長が止まり抜けるための準備をする退行期、髪の毛が抜けて次の発毛に備える休止期といったヘアサイクルがあります。

この3サイクルを繰り返し髪は成長するのです。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化するので、ヘアサイクルが乱れることがあります。

それが、脱毛や薄毛につながります。

妊娠の後期には、髪の毛の成長期を伸ばすエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増加し、逆に、休止期に入る髪の毛は減ります。

そのため、普段なら抜けてしまうような髪の毛が残り、抜け毛が減ったように感じるのです。

しかし、出産後は、妊娠中に増加していたエストロゲンが徐々に減り、通常の分泌量に戻ってしまいます。

それに伴い、成長期が延びていた髪の毛にも寿命が訪れ、休止期に入る髪の毛と一緒にいっせいに抜け落ちてしまいます。

このようなヘアサイクルの乱れが、出産後に薄毛が増える原因となるのです。

ほとんどの方の髪の毛は、出産後6か月から1年くらいで元に戻るので、出産による薄毛や抜け毛はあまり深刻に悩む必要はないと思います。

しかし、一方では、慣れない育児やストレスで、ヘアサイクルがなかなか元に戻らない方もいらっしゃいます。

ひどい場合には、専門医に相談することも必要かもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


このページの先頭へ