父親のハゲは娘に遺伝する?脱毛症と遺伝の関係とは?

もし、自分の両親や祖父母がハゲていたら、「自分もいつか・・・」と不安になりますよね。

親族に脱毛症や薄毛の方がいらっしゃる場合、自分もハゲるのではないかと不安になる方は、決して少なくないようです。

父親が脱毛症でハゲていたら、娘でも父親の遺伝で脱毛症になるものなのでしょうか?

一般に、男性はX染色体とY染色体を持ち、女性は、X染色体を2つ持っています。

主に、男性に見られる、「男性型脱毛症(AGA)」の遺伝の情報は、X染色体上にあると言われています。

男性の場合、Y染色体は父親から受け継ぎ、X染色体は母親からしか受け継ぎません。

しかし、女性は、父親と母親両方からX染色体を受け継ぎます。

したがって、禿げている父親の遺伝子を受け継ぐのは、娘である女性なのです。

しかし、その父親の遺伝子を受け継いだ女性がみんな脱毛症になるかというと、決してそうではありません。

なぜなら、女性ホルモンが脱毛症になるのを抑えてくれるからです。

ところが、更年期や、ストレスなどで、女性ホルモンの分泌が乱れると、ヘアサイクルも狂ってしまいます。

そして、それが薄毛や脱毛に繋がるのです。

ですから、薄毛や脱毛症で悩んでいる場合は、父親の遺伝だからと諦める必要はありません。

生活習慣を見直し、適切なヘアケアで、改善することもあります。

しかし、あまり改善が見られず、不安が続くようであれば、一度、育毛に取り組んでいる専門の病院で相談することも考えた方がいいかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


このページの先頭へ