女性の薄毛の原因?カラーリングやパーマが頭皮や髪に与える悪影響とは?

テレビや雑誌を見ると、パーマやカラーリングで髪を美しく整えている女優さんやモデルさんがほとんどです。

そんな華やかな芸能人に憧れて、パーマやカラーリングをする女性は増えています。

しかし、パーマやカラーリングに使われる薬剤はとても刺激が強いため注意が必要です。

特に敏感肌ではないという方でも、こうした薬剤を頻繁に使用してしまうと、かゆみや炎症等、頭皮のトラブルを起してしまします。

しかも、薄毛になる方は、中高年だけではなく、10代の若い女性にまで及んでいます。

それゆえ、最近では、女性用の育毛剤も色々な種類が増えてきました。

こうしたパーマなどでトラブルを抱え、薄毛に悩む女性に選ばれている育毛剤とはどのようなものなのでしょうか?

このようなトラブルを抱えている女性の頭皮は敏感で荒れやすく、ダメージを受けやすくなってしまっています。

そのため、敏感肌の方でも安心して使える様な、副作用の心配がいらない天然の成分から作られた育毛剤が選ばれているようです。

薬用育毛剤「髪美」も、副作用のない天然の成分で作られています。

強い薬剤は使われていないので、敏感肌の方にも、とても人気がある女性専用の育毛剤です。

抜け毛の予防に良いと言われている「桑白皮」など、8種類の有効成分が含まれていて、育毛を促進します。

カラーリングやパーマ、白髪染めを普段から使用していた女性にとって、頭皮に悪いからと、いきなり使わないようにするのは、難しいかもしれません。

したがって、カラーリングなどで、トラブルが出た場合は、美容師さんと相談して、できるだけ、頭皮や髪に負担のかからない薬剤を使ってもらうか、髪美のような、敏感肌の方でも安心して使える様な育毛剤を試された方がいいかもしれませんね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


このページの先頭へ