女性の薄毛に効果的なのは?育毛剤、ウイッグ、育毛サロンを徹底比較!

薄毛に悩んでいる女性が急増しています。

それに伴い、最近、女性向けの様々なヘアビジネスが展開されています。

育毛サロン、ウィッグ、育毛剤など、形態も多種多様です。

では、何が薄毛対策に一番効果的なのでしょうか?

それぞれの特徴や、必要な金額など比較してみましょう。

ウィッグは、髪につけるだけで、簡単に薄毛や脱毛を目立たなくしてくれます。

時間がない方にはとても便利な製品でしょう。

料金は、数万円から数十万円。

定期的なお手入れと、2~3年で買い替えが必要です。

簡単に薄毛の悩みから解放されそうですが、「購入してみたけど、自分では上手く装着できない」、「髪型を変えたら合わなくなってしまい結局数回しか使わなかった」なんてこともあるようです。

メーカーによっては、無料試着を行っているところもあるので、購入前に一度試してみると良いでしょう。

育毛サロンは、専門のアドバイザーにより、ヘアカウンセリングを受けることができます。

料金は数十万~数百万円と高額です。

効果は人により様々ですが、中には悪質なサロンもあるようです。

「高額なヘアケア製品だけを売りつけられて、育毛の効果は全くなかった」なんてことがないよう、サロン選びには注意が必要です。

育毛剤はインターネットやドラッグストアなどで、簡単に手に入ります。

料金も数千円~1万円とお手軽です。

2~3か月で効果が得られた方もいるようです。

最近では、女性専用や、無添加の製品など、色々な育毛剤が販売されています。

その中から、自分に合った製品を選び、毎日続けることが大切でしょう。

女性用育毛剤の人気ランキングはこちら >>

薄毛に悩む女性の使用者が急増!育毛剤で薄毛は改善するのか?

薄毛や脱毛は女性にとって、とても深刻な問題です。

薄毛が気になるあまり、外出するのも嫌になったり、今まで社交的だった方が、突然消極的になってしまったり・・・。

ワラにもすがる思いで育毛剤を使い始める方も多いことでしょう。

では、実際、育毛剤で薄毛は改善するのでしょうか?

最近は、様々なメーカーがいろいろな育毛剤を発売しています。

タイプも豊富で、塗るものだけではなく、飲むものもあるようです。

一番大切なことは、自分に合う育毛剤を使うことです。

まずは自分の薄毛や抜け毛の原因を探り、それに対応した育毛剤を使用することがなにより重要です。

例えば、頭皮の皮脂が多いのが原因であれば、それを抑えるタイプの育毛剤がいいでしょう。

また、髪の栄養が不足しているのであれば、ミネラルやビタミンを補うタイプの製品が合うでしょう。

これらのように、自分にあった育毛剤を選ぶことがまず大切です。

そして、次に重要なことは、育毛剤の使い方です。

間違った使い方をすると、頭皮を痛める原因になるので、注意が必要です。

必ず、製品の説明書を良く読んでから使用してください。

育毛剤にもよりますが、一般的には、1日2回、朝と夜につけるタイプが多いようです。

シャンプーで、頭皮や毛穴の汚れをよく落とした後に使用すると、有効成分が浸透しやすくなるので効果的です。

また、塗ったあと、指で軽くマッサージすると、なおよいでしょう。

これらを毎日続けていくことが、薄毛改善に繋がっていくことでしょう。

あなたに合う育毛剤は?女性用育毛剤人気ランキングはこちら >>

妊娠中でも薄毛や抜け毛をなんとかしたい!育毛剤って妊婦が使っても大丈夫?

女性は妊娠や出産をすると、身体に様々な変化が起こります。

食事の好みが変わったり、肌が敏感になったり。

脱毛や薄毛が気になるのもその一つです。

妊娠により女性ホルモンの分泌量が変化すると、ヘアサイクルも乱れてしまいます。

それにより、抜け毛が増え、薄毛が目立つようになるのです。

また、妊娠中は、様々なストレスにより、ホルモンバランスも乱れがちになります。

そのことも、ヘアサイクルに影響を与え、抜け毛の原因に繋がっています。

妊娠中でも抜け毛や薄毛を何とかしたいと思う方は多いと思います。

ここで気になるのは、妊婦や授乳中のお母さんは、育毛剤などのヘアケア製品を使用しても大丈夫なのかということです。

子供への影響も心配ですが、妊娠中は、体質が変わって、肌や頭皮が敏感になっています。

強い育毛剤を使ってしまうと、薬がしみたり、頭皮の炎症に繋がります。

そのため、あまり刺激的な薬剤は使用しない方が賢明でしょう。

もし使用するなら、「マイナチュレ」や「M-1育毛ミスト」などの、無添加の育毛剤をお勧めします。

天然の成分を配合しているので、妊娠中でも安心して使えるでしょう。

ただし、心配な場合には、医師への相談や、メーカーに問い合わせすることも考えた方が良さそうです。

そうすることにより、精神的にも安心して使用することができるからです。

このページの先頭へ